トップ > 防腐注入フェンス材 > 大日本ウッド

大日本ウッド

防腐防蟻処理木材とは?

防腐防蟻処理木材とは、木材を釜に入れ、安全な防腐防蟻薬剤を入れ高圧力をかけ、木材の内部、導管にまで深く浸透させる技術です。木材保存処理方法により高い耐久性が実証されています。

安心、信頼の防腐防蟻加圧注入加工メーカー:創業97年の大日本木材防腐(株)【DMB】は、戦前より木材防腐加工メーカーとして鉄道、電気の社会インフラ整備に大きく貢献していました。

防腐木材の代表的な製品であった「枕木」や「電柱」から、現在は、日本産のヒノキ(桧・檜)、杉などの防腐防蟻加圧注入加工を行い住宅・景観、公園・エクステリア・ウッドデッキ、ウッドフェンスなど耐久性向上に貢献しています。

おすすめポイント

  • 出来たてのフレッシュなウッドデッキ材を届けます。
    ※ご注文後に防腐注入処理を行うため、納期1〜2週間かかります。
  • 樹脂製デッキ材、人工木デッキ材より高い10〜15年以上の耐久性。
  • ソフトウッドなので軽くて加工がしやすいです。
  • 木材業界最大手の大日本木材防腐(株)が生産します。
  • ウッドデッキ・ウッドフェンスの材料で、コスパが一番良い!

商品ラインナップ

木材別

ヒノキ

ヒノキは古来から強度を持つ木と言われています。心材の高い耐久力と素晴らしい香り、水に強い、木肌が美しいなど世界でも評価されるフェンス材といえます。

スギ

スギはコストパフォーマンスが良いフェンス材です。最も日本人に慣れ親しんだソフトウッドだと言っても過言ではありません。

SPF

カナダ西海岸の温帯樹林で最も多いSPF材は、スプルース(トウヒ)、パイン(松)ファー(もみの木)3種類の木材で構成されています。スギ、ヒノキより耐久性は落ちますが、コスパが良く柔らかく扱いやすいのでDIYで人気です。

防腐材別

タナリスCY

緑色は防腐防蟻処理の証拠です。約1年後にはグレーに変化します。世界中で広く使用されている銅 アゾール系薬剤(CuAz)に、日本の風土・条件において 最大限の効力を発揮する様、特別な改良が施された防腐・防蟻薬剤です。

コーティングウッド

スギ・ヒノキにタナリスCYで防腐処理を行った後、カラー塗装を施しお客様の手間を省きました。

モクボーAAC

ヤシ油のココナッツを原料にした天然素材系、重金属を含まないカビ菌にも効果がある防腐防蟻剤です。 処理木材は「無色」で木肌を生かした仕上りになります。

コーティングウッドは、防腐注入処理をした国産の杉・ひのき材に、あらかじめカラー塗装をした材です。

コーティングウッドの特徴

  • 塗装の手間が省けます。ラインナップは全10色。
  • 防腐注入処理により、木材の寿命は飛躍的に向上しています。日本の森林資源の有効活用に繋がります。
  • 製材→加工→乾燥→お届けとなりますので、納期は2〜3週間かかります。乾燥期間を十分に取ることで、十分な耐久性を確保します。

仕様

使用防腐剤:
タナリスCY
使用塗料(水性):
イエロー、ブルー、グリーン、ホワイト、レッド・・・バトンプラス
ピニー、チーク、カスタニ、ウォルナット、ジェットブラック・・・キシラデコールアクオステージ
加工:
4面プレナー 面取りなし
注意事項:
長尺木材をカットしているため、±数ミリの誤差がございます。予めご了承ください。

色見本

  • ホワイト
  • イエロー
  • ビニー
  • ブルー
  • グリーン
  • カスタニ
  • チーク
  • ウォルナット
  • レド
  • ぶラック

全145件